あまり知られていないマンションリフォームの注意点とは?

by admin on

賃貸マンションの場合の問題点は?

マンションに住むと何かと便利なことがたくさんる反面、不便なところも感じるはずです。そのままの状態で過ごすのもよいかもしれませんが、リフォームをすることでより便利に住むことができるはずです。ただ、マンションはマンションでも賃貸マンションの場合には自由にリフォームすることができないことを知っておきましょう。基本的には人から借りた建物ですからね。いくら不便な箇所があるからといって自由自在にリフォームをすることができるわけではないのです。

分譲マンションのリフォーム

分譲マンションの場合には割と自由にリフォームをすることが可能になります。賃貸マンションでできなかった範囲でも普通にリフォームをすることができるのです。ただ、それも制限内でしか行うことができないことを知っておかなければなりません。分譲マンションの場合には専有部分と共有部分がありますね。専有部分とは自分でいじることができる部分です。マンションは普通コンクリートの躯体によって囲まれていますが、その躯体の範囲内、例えば内壁やキッチン・トイレであれば特に問題なくすることができるわけです。

できないことは具体的にどんなことか

マンション躯体の外側は基本的にほかの家のものや共有部分なので勝手にいじることはできません。あまり知られていないのは、玄関ドアの外側はいじることはできません。また、ベランダのサッシは共有部分とされていますので、勝手にいじることはできません。専有部分でも規約によりいじることができない部分がありますね。例えば、防音性の高いフローリングを敷いてある場合には、管理組合から許可を得なければフローリングのリフォームをすることはできないことに注意するべきなのです。また、トイレやキッチンも配水管がマンション躯体の外側にある場合はその住人が許可しない限りリフォームすることはできないのです。

マンションリフォームはリノベーションとも呼ばれ近年需要が高まっています。専門の業者も数多く存在します。

Written by: admin